月別アーカイブ: 2010年1月

chandler server 2

chandler 設定の続き

サーバの設定は終わったので、続いてクライアントの設定

自宅 : Thunderbird+Lightning

Lightningをインストールしたら左側のCalendarのところで

右クリックを押してNewCalendarを選択します。

On the Networkを選択肢します。

FormatはCalDAVを選択します。

Locationには、chandlerサーバのCalDAVをクリックして表示されるURLを入れます。

(URLはchandler server内のカレンダー横の▽マークをクリックすると表示されます)

NameとColor等お好みで決めて完了です。

職場 : Sunbird

Sunbirdはメニューバーよりファイルの中の「新しいカレンダー」を選択します。

次に「ネットワークサーバに保存する」を選択します。

フォーマットは、「iCalendar」を選択します。(CalDavはセキュリティの関係で弾かれました・・・)

場所には、chandlerサーバのApple iCalをクリックして表示されるURLを入れます。

(URLはchandler server内のカレンダー横の▽マークをクリックすると表示されます)

iCalだと読み込みのみなので「読み取り専用」にチェックを入れます。

カレンダー名やアラーム、色はお好みで決めたら完了です。

iphone : 標準搭載のiphoneカレンダー

chandler serverにアクセスしてiCalendarを選択し

表示されたURLをコピーしてiphoneへメールします。

受け取ったメール内のURLをクリックして照会を選択します。

カレンダー名などを変えたら完了です。
反省 : 当初の目的で職場とiphoneからも読み取りのみだけでなく同期させたかったのですが、

chandlerserverの仕様と職場のセキュリティ環境により実現できなかったのが残念です。

*職場からは直接chandler serverに接続して編集しています・・・・

chandler server 1

職場でgoogleカレンダーが使えなくなったので

代わりのスケジュール管理ソフトとして導入してみました。

目的

  • 職場PCと自宅PCとiphoneでスケジュールを同期させる

参考サイト

  • http://makai.asablo.jp/blog/2008/08/17/3696221

環境

  • chandlerはcentos5.4+jdk1.6.0
  • クライアントはsunbird(Thunderbird+lightning)とiphoneの標準カレンダー

 

javaをインストール

[root@xcent3 ~]# yum install java-1.6.0-openjdk

chandlerのダウンロード先を変更

[root@xcent3 ~]# cd /usr/local/src/

chandler_projectから最新のものをダウンロード

http://chandlerproject.org/Developers/DownloadChandlerServer

[root@xcent3 src]# wget http://downloads.osafoundation.org/cosmo/releases/1.1.0/osaf-server-bundle-1.1.0.tar.gz

[root@xcent3 src]# tar zxvf osaf-server-bundle-1.1.0.tar.gz

[root@xcent3 src]# cd osaf-server-bundle-1.1.0/

環境変数 JAVA_HOMEを設定

[root@xcent3 osaf-server-bundle-1.1.0]# export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jre-1.6.0

起動

[root@xcent3 osaf-server-bundle-1.1.0]# ./bin/osafsrvctl start

インストール完了

WEBブラウザから http://chandlerをインストールしたサーバIP:8080/ にアクセス

アクセス出来たら、右側のcreate a new account to get startedをクリックしてアカウントを作成

次に右側のLog in to Chandler Serverをクリックしてログイン

表示されたページ内左のcollections隣の+を押して新しいカレンダーを作成