月別アーカイブ: 2010年5月

irssi de tiarra

数日前にirssiの設定やauto replyなど書いた後
im.kayac.comを入れて通知させたら、
どうしても文字化けするのでtiarraを入れてみた

参考:http://nekolinux.blogspot.com/2009/05/ircirssi.html
参考:http://www.clovery.jp/tiarra/doc/module-toc

$mv ./.irssi/script/autorun/* ./.irssi/script/
※以前置いたirssiの自動スクリプトを起動しないようにする

$cd /home/ユーザー名/
$wget http://www.clovery.jp/tiarra/archive/2010/02/tiarra-20100212.tar.gz
$tar zxvf tiarra-20100212.tar.gz
$cd tiarra-20100212
$cp sample.conf tiarra.conf

$vi tiarra.conf
—————————————————————————————————————————-
general {
nick: ニックネーム
user: ユーザー名
name: 名前

client-allowed: 127.0.0.1
#自PCからのみ許可する

server-in-encoding: jis
server-out-encoding: jis
#つなぐIRCサーバの文字コード

client-in-encoding: utf8
client-out-encoding: utf8
#irssiを動かすPCの文字コード
}

network {
name: friend
#friend系につなぐのでわかりやすくfriendとつけました
}

friend {
server: irc.friend-chat.jp 6660
#つなぐIRCサーバのアドレス

in-encoding: jis
out-encoding: jis
#つなぐIRCサーバの文字コード(friend系はiso-2202-jpなのでjis)
}

+ Auto::Answer {
channel-reply: #任意チャンネル@friend きーわーど 応答メッセージ
#任意チャンネルでだれかが きーわーど と発言すると 応答メッセージ と返す
}

+ Auto::Im {
mask: * !@* #誰が発言しても反応する
keyword: きーわーど
regex-keyword: ^きーわーど$
regex-keyword: ^めっせーじ:
format: [tiarra][#(channel):#(nick.now)] #(text)
user: im.kayac.comに登録したユーザー名
password: im.kayac.comに登録したユーザーのパスワード
secret: im.kayac.comに登録したユーザーの秘密鍵
}

+ Channel::Join::Connect {
channel: #任意チャンネル@friend 任意チャンネルのキー
# channel: #aaaaa@friend aaaaa
# 起動時に自動的に入るチャンネル
}

+ Channel::Mode::Oper::Grant {
wait: 60-120
mask: #任意チャンネル@friend* !@*.jp
#任意チャンネルに入った人で.jpの人に60秒から120秒後に@を配る
}

+ Channel::Rejoin {
save-lists: 1
#接続が切れた場合に自動的につなぎ直す
}
——————————————————————————————————————————-

続きを読む

zabbix-agentのインストール

debian lennyにzabbix-agentをインストール
参考:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/zabbix02/zabbix02d.html

#useradd zabbix -s /sbin/nologin
※zabbixユーザを作成

#aptitude install gcc make
※コンパイルするためにインストール

#cd /usr/local/src
#wget http://sourceforge.net/projects/zabbix/files/ZABBIX%20Latest%20Stable/1.8.2/zabbix-1.8.2.tar.gz/download
※zabbixをダウンロード(serverもagentも一緒)

#tar zxvf zabbix-1.8.2.tar.gz
#chown -R zabbix. ./zabbix-1.8.2
#cd zabbix-1.8.2
#./configure –enable-agent
※–enable-agentをつけてagent用にする
#make
※作成
#make install
※インストール

#cp misc/conf/zabbix_agentd.conf /etc/zabbix/
※サンプルをコピー

#vi /etc/zabbix/zabbix-agentd.conf
※サンプルを修正
———————————————————————————
PidFile=/tmp/zabbix_agentd.pid

PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid

LogFile=/tmp/zabbix_agentd.log

LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log

Server=127.0.0.1

Server=zabbixサーバが入っているサーバのIPアドレス

Hostname=Zabbix Server

Hostname=エージェントを入れたサーバのホスト名

#ListenPort=10050
↓  ※コメントアウトする
ListenPort=10050

#ListenIP=127.0.0.1
↓  ※コメントアウトする
ListenIP=エージェントを入れたサーバのIPアドレス

#ServerPort=10051
↓  ※コメントアウトする
ServerPort=10051
———————————————————————————

#cp misc/init.d/debian/zabbix-agent /etc/init.d/zabbix-agent

#vi /etc/init.d/zabbix-agent
———————————————————————————————————————-
DAEMON=/home/zabbix/${NAME}
↓ 変更
DAEMON=/usr/local/sbin/${NAME}
—————————————————————————————————————————

#chmod 755 /etc/init.d/zabbix-agent
※実行権を付与

#/etc/init.d/zabbix-agent start
※zabbix-agentスタート

mail exim4

exim4のスマートホストを使ってgmailへ転送
参考:http://wiki.debian.org/GmailAndExim4
参考:http://d.hatena.ne.jp/tadakado/20090606/1244309629

#dpkg-reconfigure exim4-config

General type of mail configuration:
・mail sent by smarthost; received via SMTP or fetchmail

System mail name:
・localhost

IP-addresses to listen on for incoming SMTP connections:
・127.0.0.1

Other destinations for which mail is accepted:
・空白

Machines to relay mail for:
・空白

IP address or host name of the outgoing smarthost:
・smtp.gmail.com::587

Hide local mail name in outgoing mail?
・No

Keep number of DNS-queries minimal (Dial-on-Demand)?
・No

Delivery method for local mail:
・mbox format in /var/mail/

Split configuration into small files?
・Yes

#vi /etc/exim4/passwd.client
gmail-smtp.l.google.com:ユーザー名@gmail.com:パスワード
*.google.com:ユーザー名@gmail.com:パスワード
smtp.gmail.com:ユーザー名@gmail.com:パスワード

#chown root:Debian-exim /etc/exim4/passwd.client
※所有者変更

#vi /etc/aliases
root: user1
user1: ユーザー名@gmail.com
※root宛のメールをuser1に送り、user1のメールはgmailに送る

#update-exim4.conf
※設定リロード

mailの送り方
$mail foo@example.com
Subject:testメール
ここから本文です
テストメール
. //ピリオドで本文終了
Cc:  //カーボンコピー

irssi auto reply op

海外の方がIRCである特定のメッセージが表示された場合に、
定型文を返すスクリプトを載せていたので入れてみた

参考:http://devl.net/2009/09/irssi-plugin-auto-reply/

$cd /home/xxx/.irssi/script/autorun
$vi autoreply.pl
※参考のblogからコピペと編集…

編集箇所は29行目あたりの<// Edit this:>の行は削除して、
それ以下のhow are you?やI’m fine, thanksあたりを
キーワードとなる文字列と返答して欲しい答えに書き換える

irssiに入って /script load autoreply と打ってロードさせて完了。

コピペしたままでロードした場合、以下の様な動作になる
————————————————-
Aさん: how are you? //Aさんのチャット
自分: Aさん:I’m fine, thanks //自動で返信
————————————————-
Aさん: ping
自分: Aさん:pong
————————————————-
Aさん: I hate you
Aさんはチャンネルから追い出されます
————————————————-
※追記
自動応答の Aさん:pong のAさんを表示させない方法
46行目を書き換え
$server->command(‘msg ‘.$target.’ ‘.($nick ? $nick.’: ‘ : ”).$answer);

$server->command(‘msg ‘.$target.’ ‘ .$answer);

次にauto op
参考:http://scripts.irssi.org/

$cd /home/xxx/.irssi/script/autorun
$wget http://scripts.irssi.org/scripts/autoop.pl

IRCに接続して /autoop チャンネル名 名前
チャンネル名、名前は*も使える

Handbrake

isoファイルから直接エンコするためにHandbrakeCLIを入れてみた

参考:http://trac.handbrake.fr/wiki/CompileOnLinux
参考:http://airwhite.net/item/16

//いろんなページを見てこの辺をいれました
#yum install gcc-c++ zlib-devel libtool yasm-devel subversion bzip2-devel

//作業場所へ移動
#cd /usr/local/src

//ソースを取ってくる
#svn co svn://svn.handbrake.fr/HandBrake/trunk HandBrake-sourc

//移動
#cd HandBrake-source

//cliのみなので以下のオプションを付ける
#./configure –launch –disable-gtk

//移動
#cd build

// HandbrakeCLIの設置
#make install

//test.isoをtest.mp4へ変換
#HandBrakeCLI -i test.ISO -o test.mp4 –preset=”iPhone & iPod Touch”

//プリセット確認
#HandBrakeCLI -z

現在変換中・・・

※追記
1つ目のDVDはうまく行ったから2つ目を開始して寝た。
朝起きて見てみたら、xenserverごと落ちてた><
再度別のDVDを試したけど開始から30分でまたxenserverごと落ちる。
再々度別のDVDを試したらうまく行った。

昼間にcronでエンコードさせておこうと思ってたんだけどDVDによって
xenserver自体が落ちるとなるとちょっときびしいなぁ。

※再追記
追記で書いたxenserverが落ちるDVDをwin用のHandBrakeCLIでエンコしたらうまく行った
(バージョンはここの3064版)
centosでビルドした時、追加オプションとかいったのかな・・・